ロゴマーク掛谷建設

SAFETY掛谷の安心・安全

耐久性や構造

構造設計や材料、高い施工技術が安心で安全な住まいを作り、安心で安全な住まいを作ることで快適にお住まいいただける。掛谷建設はそう信じ、間取り、設計、構造や材料の厳選、施工技術の研鑽に日々取り組んでいます。
ここでは掛谷建設が採用している技術や建材についてご説明いたします。

耐久性

コンクリートベタ基礎
建物の強度を上げるために「鉄筋コンクリートベタ基礎」を標準仕様にしています。床下全体をタテ、ヨコ均等に鉄筋を配し、コンクリートを全面に打つ方法です。基礎全体が地盤と接することで地盤からの湿気の影響を受けにくく、強度と安定感が増します。基礎立上部は標準より3cm厚い15cm。ベースのコンクリート厚はシングル配筋で15cm、W配筋では18cmの厚さを採用しています。基礎の下に防湿シートを張り、さらに基礎の高さを地面から40㎝以上にする事で、建物を湿気から守ります。
床下換気

床下換気イメージ

従来の基礎に換気口を設ける方法ではなく、基礎と土台の間にパッキンを挟むことで、そこから通風をとる基礎パッキン工法を採用しています。換気が不十分だった換気口からの換気に比べ、全体に十分な換気を促すことで、床下の防湿対策が行きとどき、土台の腐食を防ぎます。 また、基礎部分に開口がないため、強度が上がり、地震に強い構造になっています。

省令準耐火構造

建築基準法で定める準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造として、住宅金融支援機構が定める基準に適合する住宅をいいます。 万が一、自宅から火災が発生しても家の外へ避難できる時間を稼ぐことができます。

構造について

構造についてイメージ

外部からの延焼防止
隣家からのもらい火による火災に備えて、屋根や外壁、軒裏を防火性の高い構造としています。
客室防火
火災の発生源と他の部分とを区切る「防火区画化」を取り入れ各室を区画化する構造としているため、火が多湿に燃え広がりにくくなっています。
他室への延焼遅延
火の通り道となる壁や天井内部の接合部などに木材や断熱材のファイヤーストップ材を設けて、火が燃え広がるのをしばらく食い止めます。

火災保険料の低下
防火性能を備えた木造住宅は、住宅性能が向上すると共に、保険契約料が大幅に安くなります。省令準耐火構造仕様の火災保険料は、通常の木造住宅と比較し約半額以下の保険料となります。

省令準耐火構造

掛谷建設は二酸化炭素の排出を抑制した「低炭素住宅」を指向しています。
地球の気温は年々上昇し続けており、温暖化により海水面上昇や降水量と降水パターンの変化などが引き起こされています。これらを抑えるために、私たちは自分たちでできる事を実行していく事にしました。
その一つが断熱。
真冬に温かい家や真夏に涼しい家はとても快適です。しかし、暖房や冷房を効かせて過ぎては光熱費が膨らむばかりではなく、電力の使用により環境にも悪影響を与えかねません。そこで十分に断熱をすることで、外の熱が伝導や放射によって伝わったり、中の熱が外に逃げて行くことを防ぎ、環境にやさしく、また人にもやさしい家づくりを実践します。
断熱に使う資材は壁や天井、床下に隙間なく敷き詰められています。家中をまるごと包み込むことで効率よく断熱します。

資材について

使用している資材は4種類。いずれも私たちが厳選した資材を使用しています。

SE構法

ページの一番上へ