ロゴマーク掛谷建設

SAFETY掛谷の安心・安全

SE構法について

木造最強性能「耐震構法 SE構法」

SE構法は、住宅はもちろんのこと、事務所建築や店舗、医療・福祉施設などの中規模建築を木造でつくることを可能にしました。なぜSE構法は、それほどまでに強いのでしょうか。
それは、高い強度と均一性を両立した高精度集成材により確かな木骨構造を構築。さらに独自開発のSE金物によりハードジョイントを実現。この2つの組み合わせが安定した強度を確保し、さらに大規模建築同様の構造計算であらゆる条件下の構造の安定性を確認。この3つの技術の融合が、木造建築の常識を破った強度を実現しているのです。

SE構法の木造最強性能を支える3つの強度技術

集成材

集成材イメージ

強度計算に基づいて作られるエンジニアリングウッド(JAS構造用集成材)と、それをコンピュータ制御による高精度加工で仕上げていることがSE構法の基盤です。天然の木材の長所をそのままに、反り、ねじれ、割裂、伸縮などの欠点を克服し、飛躍的な強度を実現しています。これにより安定した品質を生みだし、構造計算を可能にし、大規模木構造建築物をも可能にしたのです。さらに工場加工のため、品質にも差が生じません。また集成材は、優れた性能とともに、効率よく木材を使うため、環境にやさしい素材ともいえます。

SE金物

SE金物イメージ

SE構法のすべての接合部は、独自開発によるSE金物によるハードジョイントにより構成しています。これこそが、自由な空間作りを実現する構造強度を確保する秘密。構造用集成材の特性をさらに引き出すために、オリジナルリングで絞め、ドリフトピンを挿入することで、梁を引き寄せ柱と密着させているのです。この独自の設計により、他の金物では実現できなかった接合部の強度を実現。このSE金物により、木造建築に起きやすい柱梁の断面欠損が発生しにくくなり、同時に構造的に高い安全性を生んでいます。

構造計算

構造計算イメージ

SE構法は、木造住宅においても、大規模建築物と同様の応力解析による構造計算を実施しています。独自のCADソフトを開発し、CADと連動した立体応力解析で、あらゆる安全性を点検。もちろん様々なデータをもとに、コンピュータ上で、台風、地震、積雪などの自然災害にもシュミレーションし、その安全性を確認しています。これにより構造上の安全性を確認するとともに、従来の木造住宅では実現できなかった大空間を作ることも可能にしたのです。

耐久性や構造

ページの一番上へ